生活習慣から薄毛を考える!誰でもできる薄毛対策

生活習慣を整えることで髪は生える!

 

どもこんにちは!このサイトを管理してるぱると申します。
このサイトは髪の毛について悩んでる人たちのために作りました。
巷のデータでは今、日本では中年や女性の薄毛の悩みが昔より増加してるそうです。

 

ということでわたくし、中年の星が立ち上がりました。
ここではできるだけ育毛剤や育毛シャンプーに頼らない自分の力をつけていくところになります。

 

生活習慣の大切さ

あなたは髪の毛について考える際に自分の生活について考えたことがあるでしょうか。
まず最初にいい薬はないかなとか植毛で増やそうかなとかそういったことを考えたかなと思います。
でも、一番に考えるべきなのがこの生活習慣なんです。

 

まず食事の面から話していきます。
みなさん毎日3食食べてると思いますがそのバランスというのはとれてるでしょうか。
髪によくない食事、食べ物というのが存在しているんです。

 

例えば、牛肉、バター、マーガリン、パン、スナック、などなど。
これらは食べると髪の毛にあまりよくないんです。
髪だけじゃなくて体そのものにもよくなさそうなものばかりですね。

 

反対に髪の毛にいい食べ物とされてるのが、
大豆、野菜、ナッツ類、ニンニク、レバーなど。
上のものに比べると体にもよさそうですね。

 

あなたはこの上に書いてある髪によくないものばかり食べていませんか?
油いっぱい使った料理を好んでるという人は要注意です。
何で油や牛肉などが髪の毛に悪いかというとたんぱく質に秘密があるんです位。
この脂っこい食べ物たちのたんぱく質は動物性たんぱく質といって文字通り油、恋油がたくさん詰まってるんです。

 

そして頭皮は油が天敵なんです。
油というのは全身の皮膚からも分泌されています。
これが頭皮からも分泌してるんですね。

 

通常の量なら問題なんですが動物性たんぱく質をたくさん取るとシャンプーなどで取り切れなくなってしまうんです。
これがたまっていくと油が酸素に触れて酸化、かゆみの原因になるんです。
その状態でぼりぼりかいてると傷の中に汚れが入り込み炎症、ということにもなってしまうんです。

 

直接油がどうこうとよりもそれが影響する体の変化が髪によくないということです。
どうでしょうか。体に良くないものをバクバク食べたりしてませんでしたか?
次は髪の毛にいい食べ物、その理由をちょっと解説していきます。

 

髪の毛にいいものは栄養!

逆に髪の毛にいい成分と呼ばれているのが、ビタミン類です。
これらがいいとされてるのはその栄養ですね。

 

髪の毛というのは当たり前ですが頭皮にくっついて成長していきます。
その過程で頭皮から栄養をもらってるんですね。
その栄養が供給されるのは血液、というわけです。

 

血液に栄養をしっかり送ってやれば髪の毛の栄養アップにつながるわけです。
食生活が重要というのはココに大きく関係してるからなんですね。

 

あなたにもできるはず

このくらい気を付けるくらいなら誰にでもできるんじゃないでしょうか。
普段の生活を気を付けるだけで薄毛の予防ができちゃうなんてかなりお得だと思いませんか?

 

自分が髪の毛ふさふさになってるところを想像してみてください。
ワクワクしませんか?
僕はこのワクワクを糧に頑張ってきました。

 

あなたもぜひ未来の自分を想像してやる気を出してくださいね!
このサイトがあなたのためになることを祈っています。